安心・安全


品質管理室を設け、厳しい検査をしています

品質管理室
倉持は安全・安心・品質を追求し、お客様から信頼される企業を目指しています。
自ら厳しい品質管理を行うため、本社に『品質管理室』を設けています。これにより公的機関と併せてより多い頻度で検査を行っています。また検査結果を記録・所有することで過去の経験をいかしながら、日々改良を重ねています。

衛生管理の一部をご紹介いたします。

手指の消毒
手指の消毒
作業場に入る時は衣服、履物を変え、手指を消毒しています。

 
エアーシャワー
エアーシャワー
GPセンターなどの工場内に入る時はエアーシャワーをあび、徐塵を行います。
 
温度管理
温度管理
温度管理はタマゴの品質を維持するために重要なポイント。1日に4回計測し、記録しています。
卵質測定
卵質測定
タマゴの鮮度は濃厚卵白の高さを測って指標とします(HU)。原料の状態は農場にもフィードバックします。製品は数日保管後、測定し状態を記録しています。
 
細菌検査
細菌検査
タマゴの中身の検査は公的機関はもちろん、自主的にも実施しています。
安心はきめ細かな検査にも裏付けされます。

 
検査記録の保存
検査記録の保存
工場の生産環境、原料の鮮度、菌の状態等様々な角度からタマゴをチェックします。チェックした記録は一定期間保存しています。

鶏舎清掃
鶏舎清掃
鶏舎は床・壁・天井まできれいに清掃されています。

 
サルモネラ検査
サルモネラ検査
ヒナは導入前にサルモネラ検査を実施しています。

 
エサの管理
エサの管理
エサのサルモネラ検査を実施。製造日付、ロットNo、入荷量も記録しています。

■毎日実施する検査■
検査名 検査内容
液卵検査 一般生菌
大腸菌群検査、サルモネラ菌検査、黄色ブドウ球菌、セレウス菌
鮮度検査 色、ハウユニット(鮮度基準)、重さ、卵殻の厚み・強度

■定期的に実施する検査■
検査名 検査場所 検査内容
温泉たまご   2週間に4回検査を実施。
(一般生菌、大腸菌群検査)
※賞味期限が2週間なので、その間と賞味期限が切れた後を含む、合計4回
拭き取り検査 GPセンター
農場
床と設備の拭き取り検査
(一般生菌、大腸菌群検査)
鶏舎の環境検査 農場 自社農場、契約農場のほこり(換気扇)、
鶏ふん検査(サルモネラ菌検査)
※外部検査機関に委託
成分検査 農場 日頃高まる特殊卵の栄養成分検査を外部機関に委託。
※ビタミンEやDHA、ルテイン等の含有量の検査
水質検査 農場
GPセンター
自社農場、契約農場の地下水及び貯水の水質を検査します。
抗生物質検査 農場
飼料メーカー
外部検査機関に委託
卵殻検査 GPセンター 一般生菌
従業員の検便 全事業所 O157、大腸菌等の検査

このページのTOPへ