ブランドメッセージBRAND MESSAGE

愛とアイデアから産まれた卵。

「その選択では、良い未来は来ない」
倉持産業の代表・倉持が理想の卵に想いを馳せ、
ヨーロッパの鶏卵産業の視察へ行った際、
そこで出会った欧米人男性が、そう言いました。
その対話から生産効率よりも「健康な鶏が産んだ卵を届けたい」
という想いに行き着き、鶏の心と健康のために「平飼い飼育」を
はじめたのです。倉持産業の「多段式平飼い」の鶏舎には、
独自のアイデアが詰まっています。
エサを食べる場所、水を飲む場所、砂遊び場。
卵を産み、眠りにつく巣箱。
そのひとつひとつの設置位置によって、鶏の運動量を数倍に増え、
ストレスのない飼育環境と、より良い生活リズムを産みだしました。

平飼いで育った鶏の卵の黄身は、理想的な濃いオレンジ色。
そんな「くらもちオレンジ」は、私たちの愛情とアイデアの結晶です。
どうぞ美味しく召し上がってください。

平飼い卵は、くらもちオレンジ

Our eggs are the result of love and innovative thinking.
“That choice will not bring about a better future.”
Our founder, Kuramochi, was committed to creating the ideal egg. When on a tour of a European poultry farms, he met a European man who made the comment above.

Through dialogue with this man, Kuramochi developed an ardent interest in eschewing productivity in favor of healthy eggs lain by healthy hens, and he began using free-range methods.

The multi-tiered chicken coops used at Kuramochi Sangyo are rich with these unique ideas.

The sites where the hens eat, drink, and play in the sand are separate from each other, encouraging fitness.
The nest boxes where hens sleep and eggs are lain are also designed with care.
The locations of these are designed to increase motility of the hens and create a stress-free environment that promotes a better daily rhythm.

The yolks of our free-range eggs are the ideally dark orange color.
“Kuramochi orange” is in effect a testament to our passion and commitment to innovation.
We hope you enjoy this delicious product.
Our free-range eggs feature the unique “Kuramochi orange” color.

代表挨拶GREETING FROM
THE PRESIDENT

自分たちにできることを。

私たち日本人は、一年間に約300個の卵を食べると言われています。365日ほぼ毎日、食べる卵。そしてその卵を産む鶏たちとどう向き合うか。安心・安全であることは当然です。それ以上の卵を作りたいと、私は常々考えていました。以前、ヨーロッパの養鶏産業の展示会の視察に行ったとき、現地の養鶏農場を訪れ、私は大きな衝撃を受けました。ケージ飼育が禁止になった農場の鶏が、とても生き生きとしていること。その鶏が産んだ卵が、とてもキレイであること。ケージフリーでも安心・安全なたまごを生産できる技術革新に、私は驚きを隠せませんでした。コストとの絡みがあり、すぐに全ての鶏舎をケージフリーにすることは出来ませんでしたが、よりよい養鶏環境を整えるために一歩一歩、前進しています。「くらもち」は卵を通して、お客様や関連会社、地域の人々に感謝して、お互いになくてはならない関係を築き、人々の健やかな生活と毎日の幸せに貢献していきます。

What can we do
for the environment?

Japanese people are said to eat approximately 300 eggs per year. That means we eat eggs almost every day out of the 365 in a year. How can we better treat the hens who lay our eggs? It goes without saying that eggs should be produced with safety and peace of mind. But we always go beyond, thinking of how to make even better eggs. On a visit to an exposition for the European poultry industry, I was shocked at what I saw at a local farm. Cages were banned, and the hens were much more healthy and full of life. The eggs lain by these hens were beautiful. I could not hold back my amazement at the techniques being used to produce safe and healthy eggs in a cage-free manner. At the time, given cost-constraints, we were unable to employ a cage-free approach for all of our hens, but we continue moving forward to make the poultry farm a better environment. Through its eggs, Kuramochi aims to become an indispensable partner to its clients, affiliates, and local residents and contribute to the health and happiness of people’s daily lives.

代表取締役 倉持 一彦
CEO KAZUHIKO KURAMOCHI

会社概要CORPORATE SUMMARY

会社概要

会社名
倉持産業株式会社

本社
〒303-0044 茨城県常総市菅生町683-1
0297-27-1131(代)/ 0297-27-1314(FAX)

設立
昭和36年8月

資本金
3,000万

従業員数
100名(2016.04.01現在)

取扱商品
配合飼料、各種鶏卵、液卵、温泉たまご、
動物薬品、畜産器具機材、環境資材

事業所・所在地

事業所・所在地本社・水海道GPセンター
〒303-0044 茨城県常総市菅生町683-1
0297-27-1131(代)/ 0297-27-1314(FAX)

茨城GPセンター
〒311-3136 茨城県東茨城郡茨城町宮ケ崎1553
029-293-8171(代)/ 029-293-8156(FAX)

坂東液卵工場
〒306-0606 茨城県坂東市幸田1900

有限会社ナリタファーム
〒311-3136 茨城県東茨城郡茨城町宮ケ崎1553
029-293-8101(代)/ 029-293-7651(FAX)

役員

代表取締役社長
倉持 一彦

相談役
山口 一則

相談役
生駒 健司

取締役部長
小花 一夫

取締役部長
倉持 勝美

取締役部長
関根 昭雄

CORPORATE SUMMARY

COMPANY NAME
Kuramochi Sangyo Co., Ltd.

HEAD OFFICE
683-1 Sugaomachi, Joso-shi, Ibaraki Prefecture, 303-0044
0297-27-1131/Fax: 0297-27-1314

ESTABLISHED
August 1961

CAPITAL
30M JPY

EMPLOYEES
100 (as of April 1, 2016)

PRODUCTS CARRIED
Blended feed, chicken eggs, liquid eggs, soft-boiled eggs, veterinary drugs, livestock equipment, environmental materials

BUSINESS ADDRESS

LOCATION AND PLACE OF BUSINESS: HEAD OFFICE AND MITSUKAIDO GP CENTER
683-1 Sugaomachi, Joso-shi, Ibaraki Prefecture, 303-0044
0297-27-1131/Fax: 0297-27-1314

IBARAKI GP CENTER
1553 Miyagasaki, Ibaraki-machi, Higashiibaraki-gun, Ibaraki Prefecture, 311-3136
029-293-8171/Fax: 029-293-8156

BANDO LIQUID EGG FACTORY
1900 Koda, Bando-shi, Ibaraki Prefecture, 306-0606

NARITA FARM, LLC
1553 Miyagasaki, Ibaraki-machi, Higashiibaraki-gun, Ibaraki Prefecture, 311-3136
029-293-8101/Fax: 029-293-7651

OFFICER

KAZUHIKO KURAMOCHI, REPRESENTATIVE DIRECTOR AND PRESIDENT

KAZUNORI YAMAGUCHI, CONSULTANT

IKOMA KENJI, CONSULTANT

KAZUO OBANA, MANAGING DIRECTOR

KATSUMI KURAMOCHI, MANAGING DIRECTOR

AKIO SEKINE, MANAGING DIRECTOR

沿革HISTORY

昭和36年 8月 配合飼料、鶏卵、動物薬品の販売開始
昭和40年 5月 資本金30万円にて(有)倉持新一商店を設立
昭和43年 10月 パック詰め工場を新設し、自動洗卵選別機を導入
昭和44年 6月 資本金を270万円に増額
昭和48年 5月 資本金を540万円に増額
昭和49年 10月 茨城町鳥羽田に開放鶏舎の農場を新設
昭和50年 4月 洗卵選別機選定のため渡米
ダイヤモンドページ、シーモア、FMCを視察し、ダイヤモンドページ社製を導入
昭和51年 1月 資本金を1,080万円に増額
同上 現住所に新工場落成
昭和55年 11月 倉持産業株式会社に組織変更
昭和57年 4月 資本金を2,000万円に増額
昭和62年 3月 資本金を3,000万円に増額
平成2年 2月 栃木県馬頭町に育成農場を新設
平成3年 1月 北浦町にウインドレスの農場新設
同上 同時に毎時4万卵処理のGPセンター新設
平成16年 3月 ナリタファームに平飼い鶏舎導入
平成18年 5月 茨城GPセンター内に温泉たまご設備導入
平成19年 5月 平飼い鶏舎に1万羽増羽
平成20年 9月 本社工場に毎時6万卵処理の洗卵機導入
平成27年 11月 茨城町にエンリッチャブル設備を導入
平成27年 12月 坂東市に液卵工場を新設
平成30年 6月 茨城町に多段式平飼い設備(エイビアリー)を導入
August 1961 Began sale of blended feed, chicken eggs, and veterinary drugs
May 1965 Established Kuramochi Shin’ichi Shoten with 300,000 JPY in capital reserves
October 1968 Launched a new packing plant and employed automated egg cleaning and sorting equipment
June 1969 Increased capital reserves to 2.7M JPY
May 1973 Increased capital reserves to 5.4M JPY
October 1974 Opened new free-range poultry farm in Torihata, Ibaraki-machi
April 1975 Traveled to the United States to select egg washing and sorting equipment. Visited Diamond Page, Seymour, and FMC, and introduced equipment from Diamond Page.
January 1976 Increased capital reserves to 10.8M JPY
January 1976 Completed new plant at current address
November 1980 Changed structure to a limited company (Kuramochi Sangyo Co., Ltd.)
April 1982 Increased capital reserves to 20M JPY
March 1987 Increased capital reserves to 30M JPY
February 1990 Built new chicken raising farm in Nakagawa, Tochigi Prefecture
January 1991 Built new windowless farm in Kitaura-cho
January 1991 New GP center installed to process 40,000 eggs per hour
March 2004 Narita Farm introduced free-range chicken coop
May 2006 Ibaraki GP Center introduced slow-boiled egg equipment
May 2007 Increased free-range poultry house to 10,000 chickens
September 2008 Employed egg washing device to process 60,000 eggs per hour at main plant
November 2015 Ibaraki-machi employed enrichable equipment
December 2015 Liquid egg plant newly built in Bando-shi
June 2018 Introduced tiered aviary in Ibaraki-cho
ボタン:カート